今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーとは?

バッテリーとは?

バッテリー

バッテリーというのは、2種類の異なった電極と電解液などから構成されているもの で、それが持っている化学的エネルギーを電気的エネルギーとして取り出すことがで きて、外部から電気的エネルギーを与えると、元の形の化学的エネルギーとして蓄え ることができる装置のことです。
簡単に言えば、バッテリーは機械や道具を動かすための電池のことですが、普通の乾 電池とバッテリーの大きな違いは、充電できることです。

バッテリーは今ではほとんどの人が所有している携帯電話やパソコンにも装備されて いて、デジカメにも付いていて、その他にもポータブル電源、UPS用バッテリー、リ チウムイオンバッテリー、トータルステーション用バッテリー、電動自転車用バッテ リー、自動車用バッテリーなど、数多くの種類のバッテリーが世界中で幅広く使用さ れています。
弊社では基本的に正常に作動するものであれば、ほとんど全ての種類のバッテリーの 買取りに対応しており、どこの買取店よりも高額買取りすることをモットーとしてい ます!

このようにバッテリーが装備されている商品はたくさんありますが、商品を使う目的 がなくなればバッテリーも不要になるケースがほとんどだと思います。
バッテリーはものによっては単体でも十分に商品としての価値があり、弊社では商品 としてもバッテリー単体の買取りにも対応しております。
現在は使用していなくてご自宅の倉庫や会社や工場に放置しているバッテリーをお持 ちの方も多いと思いますが、不要なバッテリーは是非弊社に買取りさせて下さい。

バッテリーを買取りに出していただく際には、メーカー名、バッテリーの種類、型 式、年式、バッテリーの状態などをなるべく詳しく教えていただければ、弊社のバッ テリー担当の鑑定士が正確に査定をして、お客様が満足いく査定金額を提示いたしま す。
万一他の買取店よりも査定金額が低い場合は、遠慮なくご指摘いただければ、再度査 定をやり直して納得のいく金額を提示いたします。

中古のバッテリーはリサイクルショップや一般の買取店では買い取り対商品にしてい ないケースも多いのですが、弊社ではバッテリーを専門に買取りしており、中古の バッテリーを必要としている世界中の人たちに流通させることができる特別なルート を持っているために、他店でも買取りを断られるようなものでも買取りしてきた実績 があります。
万一買取りできない場合でも、査定料など一切費用がかかることはないので安心して ご連絡下さい。

弊社では365日年中無休でバッテリーの買取りを行っていて、営業時間外でもメール やFAXでのお問い合わせに対しては24時間体制で買取り作業にあたっています。
お客様からご連絡をいただければ、できるだけ早めに返信をして、バッテリーの情報 を確認し、迅速に査定をしてお見積もりを提出いたします。
弊社では高額買取りと共に、迅速・丁寧・親切な対応を社員一同が心掛けていて、お 客様に不快な思いをさせないことをモットーにしています。
お客様からの疑問や質問に対しても、スピーディーに対応しております。

弊社ではバッテリーの買取りを店頭買取り、出張買取り、宅配買取りの3つの方法で 行っており、日本全国どこからでも対応できる体制を確立しております。
遠方からのお客様には宅配買取りのみの対応になりますが、その際に必要になる配送 料や、振込手数料も全て弊社が負担いたしますので、安心して弊社まで気軽にお問い 合わせいただけるようよろしくお願いいたします。

円安でバッテリー値上がり

円安でバッテリー値上がり

バッテリーとは何らかのエネルギーで直流の電力を生み出す電力機器で、化学反応で電気を作る化学電池と、熱や光のエネルギーによって電気を作る物理電池の2種類があります。

一時電池は化学エネルギーを電気エネルギーへの変換が1度だけ可能な電池で、一般的に乾電池と呼ばれています。

二次電池は内部の化学エネルギーが電気エネルギーに変換して放電されますが、逆方向に電流を流せば電気エネルギーを化学エネルギーに変換して充電することが可能で、蓄電池充電式電池と呼ばれています。

その他に燃料電池はメタノールや天然ガス、水素などの燃料で発電を行なう発電装置で、高温を必要とするものが多くなっています。

一般的にスマート機器で利用されている充電可能なバッテリーをリチウムイオン二次電池と呼んでいますが、これは正極と負極をリチウムイオンが行き来することにより充電や放電が行なわれています。

主に正極にはリチウム遷移金属複合酸化物負極炭素材料、電解質には有機溶媒が用いられており、リチウムイオン二次電池という名前はソニーエナジーデバイスによるものです。

このリチウムイオン二次電池は携帯電話やPCなどが多く開発されるようになった1980年以降ニーズが高まり始め、現在ではさらに多いバッテリーが必要とされるようになりました。

現在ではスマート機器やデジカメ、ビデオなど多くの電子電気機器に利用されており、過去に比べて容量や性能も向上したバッテリーが数多く開発されました。

さらには環境に優しい製品を考えてエコカーなど交通機関の動力としても実用化が進んでいて、さらに環境を考えたエネルギー源が研究開発中にあります。

バッテリーの原料として鉛が使用されていますが、円安の影響バッテリーの主原料である鉛を中心に価格が高騰しています。

この影響によりバッテリーの価格は値上がり状態にあり、市販の自動車バッテリーや電動自転車バッテリー、カメラやスマート機器のバッテリーなど全てが値上がり傾向にあります。

円安がどれほど続くかは分かりませんが、円安によるバッテリーの値上がりによる消費者への被害が最少となるように、バッテリーリユースは必須だと考えています。