今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーの充電方法

バッテリーの充電方法

バッテリー

バッテリーには携帯電話用、カメラ用、UPS用、車用、バイク用、トータルステー ション用など数多くの種類があります。
携帯電話やカメラなどのバッテリーは、本体に内蔵されていて、商品に専用ケーブル を繋いで電源に差せば簡単にバッテリーを充電することができ、バッテリー内臓の家 電や電気製品は、特にバッテリー自体を取り出さなくても簡単に充電できるものがほ とんどです。
しかし重機や車やバイクなどのバッテリーは、簡単に充電できないものも多くなって います。
自動車に限定すれば、使用状況によってバッテリーの消耗もかなり多くなり、特に夏 場や冬場などエアコンを利用する時期には、バッテリーがかなり消耗します。
車のバッテリーの一番の充電法は、毎日長距離を走ることですが、トラックの運転手 など毎日仕事で車両を乗り回さない限りはかなり無理があります。
バッテリーを充電するには充電器を利用する方法があり、車の場合も充電器は使用で きますが、充電器がなくてもエンジンをかけることでバッテリーは充電できます。
車のバッテリーは新しければ2〜3ヶ月程度エンジンをかけなくても大丈夫だと言われ ていますが、気温などの環境や消耗頻度によってはもっと短い期間でバッテリーが上 がってしまうこともあり、場合によっては1日でエンジンがかからなくなることもあ ります。
今の車のバッテリーは、最低でも2年は持つと言われていますが、室内灯などの消し 忘れで寿命がもっと短くなることもあります。
車のバッテリーは最低でも2週間に一度はエンジンをかけて、できれば20分程度は走 行することをおすすめします。
それができない、したくないという方は、充電器を利用して下さい。
車の充電器は、カー用品店などで数千円〜数万円程度で販売されています。
今ではほとんどの商品に過充電禁止装置がついているので、安心して使用できます。
しかし充電器を利用する場合は、100Vのコンセントが必要になるので、そのような環 境がなければ利用が難しくなります。
今ではソーラーシステムを利用した充電法もあり、専用の充電器もカー用品店で販売 されていますが、日照時間の問題もあり、フル充電をするのは難しいと言われていま す。
弊社ではカーバッテリーをはじめいろいろな種類のバッテリーの買取りを行っていま すが、バッテリーの充電器の買取りも行っています。
リサイクルショップや一般の買取店で買取りを断られた特殊な商品の買取りにも対応 しています。
見積もりは完全無料で行っているので、お気軽にお問い合わせ下さい。