今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーの寿命

バッテリーの寿命

バッテリー

電気の発明と共に私達の生活環境が一段と便利になったのも一昔前となりました。

その後バッテリーや充電器の登場と共に、電源コードにつなげることなくあらゆる電気製品を利用することが可能になってきました。

現在パソコンや携帯電話、スマートフォン、MP3など私達の身の回りに欠かすことができない製品が増加しました。

これらの製品の普及もバッテリーや充電器の普及があったからこそでしょう。

バッテリーがこのように発展しなければ、現在のような生活を実現することは困難だったことでしょう。

その他にも自動車やオートバイのバッテリーや、電動自転車のバッテリー、機械や工具のバッテリーなども私達の生活を便利にさせてくれていますよね。

それではこのような便利なバッテリーの寿命はどのくらいでしょうか?

バッテリーが劣化して電気の容量が縮小したりして、すぐに放電してしまうような状態になると、バッテリーの寿命だといえるでしょう。

バッテリー自体が寿命を迎えると、いくら充電器で充電を行なっても容量を回復することができなくなってしまいます。

こうなるとバッテリーが劣化した、バッテリーの寿命だということになります。

バッテリーが寿命を迎える期間は、それぞれ違います。

使い方によっても変わってきますが、バッテリーがまだ十分に残っているのに充電するものと、バッテリーが完全に放電してから充電するものとでは、バッテリーの持続期間も変わってきます。

一般的にバッテリーがまだ十分に残っている時には充電しないように、と言われています。

バッテリーの量がほとんど残っていない状態で充電するほうが、バッテリーが長持ちするといわれています。

バッテリーの寿命は1~2年から4~5年と様々です。

毎日のように放電して充電するようなスマートフォンなどのバッテリーの場合は、他の製品よりも寿命が短くなりがちです。

ですからスマートフォンのバッテリーの寿命は、放電してから充電したり、補助バッテリーを交換しながら使用したりすれば、ちょっとした工夫によって寿命となる期間を延長させることができるでしょう。

バッテリーによって稼働する製品はとても便利ですが、バッテリーが放電してしまったり寿命となってしまう前に、前もって交換するバッテリーを準備しておくことが大切です。

電動自転車のバッテリーや出張先での電気工具のバッテリーなど、必要な物をきちんと前もって準備しておきましょう。

>>案外身近な物にも希少なリチウムイオンバッテリーが!廃棄前に確認を!!

バッテリー寿命の判断について

バッテリー寿命の判断

バッテリーの寿命は一般的には2から4年と言われています。バッテリーの寿命の判断する場合には始動電圧や比重や使用年数等から予想を立てる事は可能ですが、具体的な日にちまで出すとなるとプロでも簡単ではありません。始動電圧で判断する場合には、車のバッテリーだと、エンジンを始動する時に、9.6以上あると良好です。比重で判断する場合には液量が適切な場合に、1.25以上だと良好です。

バッテリー寿命の電圧について

バッテリー寿命の電圧に関しては車のバッテリーだと、流れる電流が大きくなると性能が低下してしまうと言う事を利用して、バッテリーを多く使用するエンジンを使用する際に9.0V以下だと、交換が必要な状態で9.6以上だと良好です。その間のVの時には注意が必要と言う判断が出来ます。この様にエンジンを始動する際にバッテリーの寿命の判断が電圧によって可能です。

パソコンバッテリーの寿命について

パソコンバッテリーの寿命

パソコンのバッテリーは繰り返し繰り返し充電を行う重要なパーツである為に、消耗品として考えられ、交換時期もあります。ノートバソコンですと、リチウムイオン電池が使用されており、温度が上がる事で電極自体の劣化が始まってしまいます。その為に長持ちさせようと考える場合には、高温にならない様に注意が必要です。

車バッテリーの寿命について

車のバッテリーの寿命は、およそ2年から5年と言われていますが、もちろん、車の使い方で大きく変わります。あまり乗らない車や夜間の走行が多い車のからちょいのりの様な使い方によってバッテリーの寿命も変化します。交換時期はバッテリーが弱くなってきた時になるので、パワーウィンドの動きが遅かったりヘッドライトが暗いやブレーキの際に暗くなる場合には注意が必要です。

スマホバッテリーの寿命について

スマホのバッテリーの寿命は1から2年ぐらいで、本体は4年から5年ぐらいは使用可能です。この為に、バッテリーの方が先に寿命を迎えてしまいます。スマホのバッテリーを判断出来るアプリは調べるとすぐ調べられることからも、出来ます。この様な事からもバッテリー交換も検討して頂く必要がありあますが、どの様な場合にバッテリー交換をするのかも重要なので、しっかりと知っておく必要があります。

バイクバッテリーの寿命について

バイクバッテリーの寿命

バイクバッテリーの寿命は、どのような乗り方をしていたのか、どのような種類のバッテリーを使っているのか、1日にどれだけ走っているのかによっても異なります。

通勤などに使用しているのであれば、大体5年ぐらいが寿命だと言えるでしょう。

あまり乗らずによいバッテリーを使っており、運転も丁寧であれば、10年以上交換しなくても大丈夫な場合もあります。

電動自転車バッテリーの寿命について

電動自転車もバイクや車のバッテリーと同じで、使用頻度や種類によって寿命が異なると言えるでしょう。

比較的使用頻度が高い場合には、他のバッテリーよりも短い寿命と言われているので、大体3年ぐらいになってしまうのが一般的です。

もちろんもっと長く使用している人もいるのですが、5年から8年ぐらい維持している人もたくさんいます。