今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリー交換方法

バッテリー交換方法

バッテリー

バッテリーには数多くの種類があり、交換方法も種類によって大きく異なります。 例えば携帯電話のバッテリーなどは、市販のバッテリーを購入して、バッテリーが収 められている蓋などを開けて、古いバッテリーを取り出し新しいものを差し込めばい いなど、誰でも簡単にできるような場合もあります。
いずれの場合もバッテリーを必要とする商品は、取扱説明書にしたがって交換すれば いいので、必ず手順通りに交換して下さい。
間違った手順でバッテリーを交換すれば、本体やバッテリーを傷つけてしまうことも あります。
バッテリーの中にははじめての方が簡単に交換できないようなものもあります。
カーバッテリーなどが代表的なもので、多くの人はガソリンスタンドや整備工場や ディーラーなどで交換してもらっているでしょう。
しかしその場合は費用がかかるケースが多いので、できるだけお金をかけたくない人 は、自分で交バッテリーを交換することをおすすめします。
カーバッテリーの場合は交換するのに道具が必要になりますが、大抵の車種であれば 10ミリのスパナがあれば大丈夫です。
一部の車種はスパナのサイズが12ミリなどと異なることもあり、バッテリーがカバー で覆われている場合はドライバーが必要になることもありますが、ドライバーは一般 家庭でも所有している人も多いので、それほど大きな問題ではないでしょう。
カーバッテリーを交換する場合は、危険防止のために車にキーが差さっていないかを 必ず確認しましょう。
全てのバッテリーに共通する注意点として、電源は必ずオフにしてから交換作業を行 いましょう。
カーバッテリーを取り外すには、まずはマイナス端子を外し、次にプラス端子を外 し、固定金具を外しましょう。
こうすれば古いバッテリーを車両から降ろすことができます。
あとは新しいバッテリーを搭載して、固定金具を装着して、プラス端子、マイナス端 子の順に取り付ければ作業は終了です。
交換の際の注意点としては、バッテリーは意外に重いので、落とさないようにしっか り持ち、バッテリー液がこぼれないように丁寧に取り扱いましょう。
極力水平に保つことが重要です。
またバッテリーを取り外したら汚れを十分に取り去りましょう。
車に限らずバッテリーを一度取り外せば、時計やその他の設定が狂ってしまうので、 新しいバッテリーに交換したら設定をし直す作業も忘れないで下さい。
バッテリーを搭載している商品を買取りに出す場合は、バッテリーが新しいほど査定 額がアップし、バッテリーの状態によっては買取りを断られることもあるので注意が 必要です。
場合によっては意識的にバッテリーを新しく交換してから買取りに出した方が、買取 金額がかなりアップするものもあります。

バッテリー交換をしてくれる所について

バッテリー交換をしてくれる所について

車のバッテリーは車を2~3年利用したら交換の時期になります。

車検のときにバッテリーを交換するか、必要な時期にカーディーラーカー用品店、カーセンターでも交換することができます。

車のバッテリーが上がったり、バッテリーが膨張していたり、充電しても比重が上がらない場合は交換する必要があるでしょう。

バッテリー交換費用について

バッテリーの交換費用は場所によって差がありますが、オートバックスやイエローハットでは540円トヨタ東京カローラでは1,080円、ホンダカーズ東京中央では1,944円と価格には大きな差があります。

ガソリンスタンドや整備工場では無料で交換してくれる所もありますので、お近くで確認しておけばいざという時に便利ですよね。

>>バッテリーについて詳しく