今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
オプティマ

オプティマの買取

オプティマ買取

新品、未使用品のみ買取可能です。中古のバッテリーは買取不可。

オプティマとは?

オプティマとは?

オプティマバッテリーとはアメリカのゲイトコーポレーション で開発されたバッテリーで、他社バッテリーに比べて約2倍 電極表面積 があり、高率放電時 寿命特性面 でも優れています。
バッテリー業界でも革命的な開発だといわれており、全世界で自動車やプレジャーボート、カーオーディオのバッテリーとして、または農業機器や産業機械のバッテリーとして、また電動カートや電気自動車のバッテリーとしても幅広く利用されています。

オプティマバッテリーは高効率で大電力であり、限界を極めた電源 です。
温度の急激な変化や振動にも強く、放電や急速充電を繰返しても耐えることができて、厳しい使用条件 でも深い放電にも対応 できるバッテリーです。

オプティマバッテリーにはレッド、イエロー、ブルーがありますが、レッドはスパイラルセル技術 でスターティングパワーの優れたシリーズで、幅広い環境で大電力高出力を発揮して、耐衝撃性でもあります。
イエローは放電と充電を繰返しても十分に耐えるディープサイクルバッテリー で、どのような環境でも高電圧を維持することができて使用頻度の少ない自動車にもピッタリです。
ブルーは最もヘビーデューティにも耐える船舶用バッテリー で、ボートやヨット、スノーモービルにも対応しています。

オプティマバッテリーは電解液をプールするのではなく、微多孔質なガラス繊維に電解液をしみこませたAGMテクノロジーが採用されていて、スパイラルセルテクノロジーで耐振動性も素晴らしく、大出力オーディオ搭載車にも最適です。内部抵抗を最小限にして圧力も均等に維持し、長時間規定の電圧を維持する特性もあり、特定時期に使用する農業機械漁業機械にも適合しています。

オプティマバッテリーはこのように優れた面を多数保有していることから、全世界的多く利用されているバッテリーです。
電解液補充などのメンテナンスも必要なく、コネクターやケーブルの腐食もないことから、購入後の手入れ安全面からも人気なのでしょう。

オプティマを高価買取してもらうポイント

オプティマバッテリーを高く買取してもらうためには、バッテリーの状態がとても重要です。
耐衝撃で高効率のバッテリーですが、使用期間や保管状態によりバッテリーの状態は変わりますので、劣化がどれくらい進んでいるのかなどがとても重要なポイントとなるでしょう。
バッテリーは未使用のものであれば高価買取が可能であり、使用した中古のバッテリーである場合にはその状態によって査定額が左右しますので、バッテリーの状態を詳しくお伝えいただくことが大切です。

オプティマを買取したお客様の体験談

オプティマを買取したお客様の体験談

会社員Aさん(30代・男性)

以前、中古で購入した車両のステレオのバッテリーを買取してもらいました。
自動車のバッテリーに詳しいわけではないので、一度査定してもらおうと問い合わせると、どうもオプティマというアメリカの会社のものだということが判明しました。
動作確認はとれていたので傷の状態など報告し査定額を聞き、納得だったのでこちらで買取をお願いしました。
発送後の入金も早く終始安心して任せることができました、ありがとうございました。

農家Bさん(20代・男性)

今回、トラクターなどに使われていたバッテリー数台まとめて買取してもらいました。
父親の代から農家で、高齢の父に納屋にある道具や機器を整理してほしいと言われ、ネットでいろいろと調べたところこちらがヒットしたので、試しに電話してみました。
どれも古く値がつくか心配でしたが、中でもオプティマのバッテリー2台は海外の老舗ブランドのものとのことで高値買取してもらえました。
発送後の入金も早く、納谷の整理もすぐに終わり、私も父も満足しております。ありがとうございました。

自営業Cさん(50代・男性)

運送業をやっている者です。仕事柄、廃車・事故車の整理をやらないといけないのですが、その際に出てきた、まだ使えるパーツや部品を売れるサイトを探していた時にこのサイトと出会いました。
バッテリーにオプティマのものがあったので、試しに査定してもらったところ、対応から提示金額までよかったのでこちらでお願いしました。
大型車のバッテリーでしたが送料もかからず、大変満足しております。今後も定期的にこういったパーツの不用品はでてくるので、継続してお願いしたいです。

代表的な製品

オプティマバッテリーの代表的な製品としてはレッドトップシリーズのRT1050S-R/L、RT925S-R/L、RT1050U、RT925U、レッドバッテリーセットシリーズの100D23R/100D23l、120D26R/120d26L、イエロートップシリーズのD1200S、D1000S、D1000U、YT925S-L、ブルートップシリーズのD1400M、D900Mなどがあります。

付属品やオプション品

オプティマバッテリーの付属品やオプション品としてはオプティマ専用充電器やボンドケーブル、ワンタッチ連結線、ワンタッチターミナル、取付用フレームセット、サイドアタッチメント、グループDINアダプター、ハイトアダプター、下止めアダプター、ターミナル絶縁被覆、グループアダプター、アンダーソンプラグ、バッテリーターミナル、変換ターミナルなどがあります。

オプティマの使い方

オプティマの使い方

OPTIMA(オプティマ)のバッテリーにはシリーズがあります。まずレッドトップシリーズは、一言でいうならば「過酷な環境下でも駆動可能」という強みを持っています。
-40℃から+40℃までの環境下で使用されることを想定して設計されており、耐震性、耐衝撃性、液漏れしない構造も兼ね備えているので、農業機器のバッテリーとして使用されることが多いです(一年の中で限られた期間しか使用しないにも関わらず、メンテナンスフリーで屋外で長時間放置しておいても大丈夫なため)。イエロートップシリーズは、先述したオプティマの厳しい環境下での利用が可能というメリットにくわえ、スパイラルセル技術を導入しているため、繰り返し放電充電を行っても性能が落ちにくい(より長期的な利用に向いている)という特徴があります。
ゆえに小型で日常的に使用頻度が多い、屋外での使用を目的とした機器への搭載がベストだと言えるでしょう。

オプティマの修理方法

修理を行う上で最低限の準備をしましょう。テスター、軍手、工具があれば十分です。
内部的な要因からの損傷や錆などの汚れの付着はほとんど発生しないため、ターミナルについた汚れがある場合は無理に分解せず、その表面に付着した汚れのみふき取る作業で十分です。
オプティマのバッテリーは基本的に故障が少ない設計になっておりますので、故障かな?と思ったらバッテリーの寿命の可能性が高いです。
ですので、まずは公式サイトにて問い合わせ、どんな状況なのかを伝え、寿命がきてしまったのか故障なのかを聞いてみるのが良いでしょう。