今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ディープサイクルバッテリー
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

ディープサイクルバッテリーの買取

ディープサイクルバッテリー買取

ディープサイクルバッテリーとは?

ディープサイクルバッテリーとは?

ディープサイクルバッテリーとはアウトドアや車中泊の際に便利なバッテリーで、充電放電繰返しながら蓄電された電源は最後まで使いきることができるバッテリーです。
シールドタイプであることから充電するときにもガスの発生もなく、車のボンネットにスペースがなくても車内に安心して置くことができます。
このような点から使いやすくて、キャンピングカーサブバッテリーとしても幅広く使われています。

このように表現するとカーバッテリーと同じだと思われるかもしれませんが、カーバッテリーとは始動するときにスターターを回転させるため電流をたくさん供給するために使用され、エンジンがかかってからは発電器から充電されるのでバッテリーが放電することはありません。
またカーバッテリーはディープサイクルバッテリーより充電耐久回数も少なく劣化しやすいともいえるでしょう。

ディープサイクルバッテリーを充電するときの方法や使用環境、回りの温度などによって寿命は左右して、耐久性に優れているとは言われますが厳しい環境の中で過充電を繰返すと早く劣化してしまうケースもあります。
けれども本来ディープサイクルバッテリーは80%以上放電サイクルを予測して設計されているので、プレートは厚く耐久性には優れています。

業務用としても使用されていますが、一般的には車中泊をするときにとても便利なバッテリーです。
思っていたよりもバッテリーを使用してしまい完全放電してしまったとしても、バッテリーの性能が悪化することもなくとても安心です。
ポータブルバッテリーの場合は電気が空っぽになるとバッテリー自体性能悪化してしまい、すぐに使えなくなってしまいますが、ディープサイクルバッテリーの場合はそんな心配は必要ありません

身の回りには多くの電力を必要とする製品がありますので、アウトドアなど外出する場合には電力の確保が必須ですよね。
そんな場合にもディープサイクルバッテリーさえあれば、心配なく必要な電力を使用することができますね。

ディープサイクルバッテリーを高価買取してもらうポイント

ディープサイクルバッテリー の買取ポイントはバッテリーの寿命どのようなコンディションにあるかというのが重要になってきます。
もしも長期間しようしていてバッテリーが全て消耗してしまっている場合は査定額落ちてしまいます。
しかし買取が出来ないというわけではありませんので、まずはいちど無料査定をしてみることはおすすめ致します。
ディープサイクルバッテリーはマリーンスポーツや船舶、乗り物に使用されることが多いので、外気にさらされる時間も増えると思います。
それによって汚れやほこりもつくと思いますので、査定前にはクリーンな状態に掃除するのは高ポイントです。見た目が綺麗でより新品に近いオンディションのバッテリーは高額査定へと繋がりますのでしっかり掃除をしてみてください。

ディープサイクルバッテリーを買取したお客様の体験談

ディープサイクルバッテリーを買取したお客様の体験談

思った以上の査定金額!素早い対応に好感が持てました!

キャンピングカーで数年使用していたディープサイクルバッテリーを売却できる場所はないかとネット検索をかけたところ、バッテリー買取ドットコムさんを見つける事ができました。
ディープサイクルバッテリーをを買取する場所をみつけるのは、正直、結構大変じゃないかと思っていたので、“ディープサイクルバッテリー”と検索してすぐにこのサイトを見つける事ができてラッキーでした。
電話で連絡したところ、買取の値段が自分が思ってたよりも高かったので正直なところにっこりしてしまいました。担当の人も素早い対応でしたし、サイトの住所に送る方法も簡単だったので(配送会社さんが自宅まで受け取りに来てくれました)、売れるか分からないものでもこうして売る事ができるのだと思い、とてもよい経験をしました。また何かあれば利用したいと思っています。

レアなバッテリーであきらめていたのですが・・・

ディープサイクルバッテリーをバッテリー買取ドットコム様で売却することができました。
私が所有していた型番はあまり一般的に出回らないものかと思っており、転売はもちろん無理とも思っていたのですが、捨てるのももったいないと思い、どこか受け入れて頂くことはできないかという気持ちでネットを検索しました。
すると思いの外、買取をしていただけるという事でした。ありがとうございました。

代表的な製品

海遊社の「G&Yu SMF27MS-730」「G&Yu SMF31MS-850」の製品です。極板が改良されて、信頼性が高い製品です。マリン用のメンテナンスフリーの製品として、1年保証の製品です。
また、「LONG ディープサイクルバッテリー」です。こちらは、完全密封型のドライバッテリーで、逆さまにも横置きにも出来て、水素ガスを使用していない安全かつ高度な性能をもち、自然エネルギーが発電するタイプの製品です。

付属品やオプション品

ディープサイクルバッテリーの付属品には、本体を入れるケースやバッテリーチェックLEDランプや充電器、取扱説明書や品質保証書が挙げられます。
オプション品には、バッテリーやACコードなどが別売品として挙げられます。

ディープサイクルバッテリーの使い方

ディープサイクルバッテリーの使い方

充電クリップをバッテリーターミナルへと接続します。電源コードをコンセントに差し込み、デジタルディスプレイに「オフ」と表示がされます。これで、正しく接続されていることになります。
そして、プラスとマイナスの端子を確認し、バッテリーの電極が自動車の本体アース接続しているかを確認して下さい。
電流を選択し、適切な充電電波にする為、充電を開始します。そして、CCA自動充電を行います。CCAを選択して、充電を開始して下さい。

ディープサイクルバッテリーの修理方法

充電器のシステムがエラーになった場合は、直ちに販売先に問い合わせて下さい。バッテリーがショートした際には、新しいバッテリー交換しましょう。
充電電圧が以上な場合は、CCA値や電波を低い値にして下さい。