今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
舶用バッテリー

舶用バッテリーの買取

舶用バッテリー買取

新品、未使用品のみ買取可能です。中古のバッテリーは買取不可。

舶用バッテリーとは?

舶用バッテリーとは?

釣りブームが続き、近年ではマイボートを所有して釣りを楽しむ方々も増加しております。そこで欠かせない物がバッテリーです。

車のバッテリーは身近ですが、船舶用のバッテリーは馴染みが薄いと思いますので今回は船舶用バッテリーについてお話致します。ボートフィッシングなどではエレキと呼ばれる船外機や電動リール、魚群探知機などの電源として利用されております。

では車で利用しているバッテリーとどこが違うのでしょうか?答えは『ほとんど同じ』なのです。もちろんメーカーは「船舶にはマリンバッテリーを使って下さい」と謳っておりますが、車用のバッテリーでも代用可能なのです。

これはどちらも同じ鉛バッテリーを使用しているからです。しかし価格マリンバッテリーの方が高額なのは何故でしょうか?それは地上でのトラブルと海上のトラブルでは命の危険直結する度合いが違うので、不要なトラブル避ける為にもマリンバッテリーを選択を推奨しているのです。

利用する環境にもよりますが、電気系統の、トラブルが重大な結果になる恐れがある場合はマリンバッテリーを使用して下さい。マリンバッテリーの種類についてお話します。

①クランキングバッテリー
ボートのエンジンを始動時に使用するバッテリーは瞬時に大きな電流を流す必要がある為、クランキングバッテリーを使用します。

②ディープサイクルバッテリー
こちらもエンジン始動時に利用できます。エンジン始動以外にも電装系統に兼用可能です。

弊社では船舶用バッテリーの買い取りを致しております。バッテリー性能が低下してきて新しく買い換えた方々が予備として何個も所有している場合もありますが、あまりにも増えすぎると充電管理だけでも一苦労だと思います。

確かに予備も必要ですが、重量もある物なので古くなったバッテリーは一旦現金化して、新しい新品の原資にされてはいかがでしょうか?

また、昔使っていたけれど、物置の隅でホコリをかぶっているようなバッテリーでも構いませんので、売却を検討されている方は是非ご連絡下さい

舶用バッテリーを高価買取してもらうポイント

舶用バッテリーを買取りしてもらうなら、まずは舶用バッテリーとして使えるという条件は必須です。
多少汚れがあったり傷があっても使用に問題がなければ買取は出来ますが、端子部分が壊れている、充電しても使えないなど、使用できない状態のバッテリーは買取り不可となる事が多く、廃棄するか資源として出すしかありません。

また一番重要なのは舶用バッテリーとして電気を取り出せるということであり、充電すれば使えるということが大切です
。出来れば充電すると電気残量が満タンになって使えるというのが望ましいですが、多少残量が減っても買取は可能です。ただし、半分ぐらいまでしか充電が出来ないなどの場合は、買取り価格は下がる可能性があります。

舶用バッテリーを買取したお客様の体験談

舶用バッテリーを買取したお客様の体験談

30代/男性

船用のバッテリーなんか買い取ってくれるところがあるのか不安でしたが、まだ十分に使える状態だったので、廃棄するのももったいないと思い、買い取ってくれるところを探しました。早速実際に買取に出してみると、思った以上に値段が付いて驚きました、どうせ二束三文だろうと思っていたので、思わぬところ現金収入があり良かったです。

30代/男性

今まで乗っていた船を乗らなくなりましたので、中のパーツのバッテリーの廃棄をどうしようかと考えていました。資源回収業者に持っていってもらおうかとも思いましたが、バッテリーを買い取ってくれるところがあると聞きましたので、早速調べて買取のお願いをしました。査定してもらうとそれなりの値段が付きましたので、納得し売りました。

40代/男性

バッテリーが余っていたので、まだ一度も使っておらず新品同様であり、せっかくなので売りに出しました。無料でも良いので買い取ってくれればいいな、ぐらいに思っていたのですが、高い値段買取ってもらえて満足しています。お店の人の対応も丁寧でスムーズだったので、とても良かったです。機会があればまたお願いしたいと考えています。

代表的な製品

Denryo(でんりょう)CX2440 船用バッテリー

パワーファクターコレクション機能を搭載し、一度に複数のバッテリー充電も可能な非常にパワフルなバッテリーです。

Panasonic(パナソニック)

船舶用バッテリー 85D31R/YAY:耐久性に優れ、寿命が長く消耗も少なく極めて頑丈な船舶用のバッテリーです。

GSユアサ 船舶バッテリー SP1-24-25ZS

船舶用のバッテリーでエンジン始動補助機能が搭載されているため、緊急時の際に役立ちます。

付属品やオプション品

リモートコントローラー、電源ケーブル、R端子、バッテリーケーブル、バッテリー充電器、小型船舶用LED航海灯、フロートスイッチ、防水スイッチ、バッテリー端子、電源ソケット、延長コード、などの付属品やオプション品があります。

舶用バッテリーの使い方

舶用バッテリーの使い方

船用バッテリーは、エンジンを始動させるスターターバッテリーと、モーターを動かすディープサイクルバッテリーがあります。
使用する場合は、それぞれ各部分で設置して接続して使えばよいです。車やバイクのバッテリーとさほど形は違いがないので、同じように端子に接続すれば使用できます。

もちろんバッテリーも種類によって大容量の物やコンパクトなものがあり、バッテリー容量は時間率容量で決められます、取り出せる電気の容量が違いますが、大きな電気を短時間で放電するよりも、小さな電気を長時間放電するバッテリーの方が長持ちです。
バッテリー残量がなくなったら、充電して使いましょう。

舶用バッテリーの修理方法

バッテリーには密閉型と開放型があり、開放型は精製水を補充し、密閉型は補充が必要ありません。
寿命がきたり充電してもすぐ使えなくなると、バッテリーは交換必要です。
内部に化学反応を起こす材質や液体を使っていますので、自分で修理はまず無理です。
バッテリーが使えなくなったら、新しいのと交換というのが普通です。