今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動バイクバッテリー

電動バイクバッテリーの買取

電動バイクバッテリー買取

新品、未使用品のみ買取可能です。中古のバッテリーは買取不可。

電動バイクバッテリーとは?

電動バイクバッテリーとは?

電動バイクバッテリーとは、「モーターの力によって動かす電動バイク作動させるために使用するためのバッテリー」です。
また、電動バイクバッテリーには、通常のエンジン式のバイクよりも容量が大きなバッテリーを使用させることが多く、また、電動バイクの種類によって、バッテリーの種類も異なります。
バッテリーがなしでは電動バイクを操作することが出来ない為、使用するにあたっては電動バイクバッテリーは必要不可欠な存在です。

電動バイクの力の源はモーターで動かすのもであり、バッテリーの重さが軽量で、大きな電気容量であるほど長距離走行が可能です。
さらに、電動バイクには、バッテリーの搭載出来るスペースが決まっている為、電気の容量の大きさがどれくらいなのかがポイントです。
電動バイクとは、エンジンの代わりにモーターが導入されているのが特徴で、バッテリーによって、電力が発生し、モーターが動く仕組みを持っています。

電動バイクバッテリーには、リチウムバッテリーと鉛バッテリーとシリコンバッテリーと3種類あります。
最近、注目されている「リチウムバッテリー」というのが存在します。リチウムバッテリーの特徴は、軽量で小型で且つ高電圧なことにあります。
そして、電動バイクは、長い走行距離でも使用出来るようにするためには、バッテリーの容量が多いことに限ります。但し、重いバッテリーでは、走行距離が短くなりますので、軽いバッテリーで容量が高いバッテリーが良いと言えます。
更に、バイクや自転車と幅広い分野で使用されている「鉛バッテリー」ですが、価格が安くて、充電する機能にも優れているので、電動バイクバッテリーにおいても比較的メジャーなバッテリーと言われています。
また、電解液の部分にシリコンを用いた「シリコンバッテリー」なども、最近注目されているバッテリーです。充電する時間を短縮させ、電気容量が高いことや安全性の高いバッテリーとして人気を博しています。

電動バイクバッテリーを高価買取してもらうポイント

電動バイクバッテリーを高く買取って貰う為には、繰り返し充電による耐久性があり、軽いバッテリーでありながら、電気容量が大きい製品が良いでしょう。
また、状態がとても良く、バッテリーとしての機能十分に果たし見た目も綺麗で正常に作動する製品であることがポイントです。

更に、付属品である本体を入れるケースや取り扱い説明書、充電器などが、本体と共にケースにしっかりと収納されていることが大切です。
そして、リチウム式、シリコン式、鉛式タイプのバッテリーなど、複数の電動バイクバッテリーがあると、単体で査定に出すよりもポイントが高いと言えるでしょう。
その際、査定に出す前には電動バッテリーの状態を点検しておくことが重要です。

電動バイクバッテリーを買取したお客様の体験談

電動バイクバッテリーを買取したお客様の体験談

予備で置いていても使わない・・・だったら買取ってもらいましょう!

電動バイクを利用しています。
以前乗っていた電動バイクが古くなったことから買い替えたのですが、後から電動バイクのバッテリーが出てきました。
予備で幾つか購入していたうちの2つで、そのうちのひとつは全く使用していなかったバッテリーでした。
バッテリーだけあっても使うことはできないし、新品のバッテリーもあったのでこれは買取してもらえないだろうかと思っていました。
バッテリーだけの買取なんて聞いた事ないなと思っていたのですが、知り合いからバッテリーだけを取り扱う買取店もあるだろうと聞いて、自宅で調べてみました。
バッテリー買取ドットコムというサイトを見つけたので、ここなら買取してくれるだろうと思い電話してみました。
電動バイクはなくてもバッテリーだけ買取してもらえるのかと聞くと、もちろんだと答えられ、すぐに無料査定をしてくださいました。
ひとつは随分使用していて劣化していたので、新品だったバッテリーだけを買取していただきました。
手元に残ったバッテリーだけをこのように効率的に処分することができるなんて、とても気分の良い一日でした。

劣化する前に売却を決心!新品の為、高値で買取ってもらいました!

電動バイクの予備のバッテリーが必要だと購入したのですが、同じ時に主人も購入していてバッテリーが重なってしまいました。
使えばいいだろうと思っていたのですが、使わずに古くなって劣化してしまうとバッテリーとして使えなくなったりするというので、絶対必要な物だけを残して2つのバッテリーを処分することにしました。
全く使っていなくて購入したばかりだったので買取してもらえるだろうと思い、バッテリー買取ドットコムに電話して聞いてみました。
新品でまだ開封もしていない状態だと伝えると、開けずにそのまま送付したら査定アップになるということだったので、そのままの状態で梱包して送ることにしました。
新品で2つのバッテリーを一緒に買取してもらったこともあり、ほとんどバッテリー購入価格買取して頂くことができました。
やはり未開封の新品状態だったことが良かったのだと思います。
思い切って買取先を調べて電話してよかったなあと思いました。
また身の回りで不用品が見つかったら、今度は迷わずにすぐ買取店に連絡して買取してもらおうと思っています。
やはりリユースは早目がポイントですよね。

代表的な製品

YMT ENERGYの「高性能シールドバッテリー」です。こちらは、繰り返し充電による耐久性にも優れており、コストパフォーマンスも良く、完全密閉型の製品ですので、色々な機器による電源にも活用出来る高性能な機能を持ったシールドバッテリーです。
AZバッテリーの「ITZ5S-FP AZリチウムイオンバッテリー」です。こちらは、リチウムイオンバッテリーを採用しており、軽量でかつ指導性能の高い電動バイクバッテリーです。

付属品やオプション品

電動バイクバッテリーの付属品は、GPSナビゲーション、サイズ調節部品、予備のバッテリー、取扱説明書や品質保証書、本体を入れるケースなどが挙げられます。
オプション品は、別売品として充電器やバッテリーなどが挙げられます。

電動バイクバッテリーの使い方

電動バイクバッテリーの使い方

電動で走るバイク(または電動自転車)には全てバッテリーがあり、それが「電動バイクバッテリー」と言います。どのバイクにどんなバッテリーを搭載するかは、バイクの大きさと使用するバッテリーの電圧(ボルト)により決定します。バッテリー自体も、リチウム電池(珪酸鉄リチウム電池・リン酸鉄リチウム電池・酸化マンガンリチウム電池)、アルカリ電池、水銀電池、ニッカド電池、鉛酸バッテリー等があり、一番性能が良いのは後発の”リチウム電池”を用いたバッテリーです。日常的に10km以上の移動があり、それに使用するのであればリチウム電池のバッテリーがベストでしょう。それほど使用頻度がないのであれば、鉛酸バッテリーやその他電池でも代用ができます。このように電動バイクバッテリーの使い方はその用途によりますが、基本的には使用する負荷を基準に選んでいきましょう。

電動バイクバッテリーの修理方法

そもそもバッテリーとは、複数のセル(単電池=電池の構成単位のひとつ)を接続しそれをパッケージ化した製品です。つまり、バッテリーはこのセルの集合体なのですが、もちろんバッテリーに電気の出力や蓄積といった機能があるということはそれを制御する、人間でいう脳の役割を果たす精密機器(マイコン)が備わっているということになります。が、これは非常に作りが精密、かつデリケートなものなので、ここに発生した問題というのは素人で解決するのは困難です。ですが、制御されている電池自体(セル)の交換は可能です。ただし、リチウム電池の場合は特にご注意ください。リチウムの性質上、大きな衝撃を直接くわえる破裂してしまいます。個人でセルの交換を行う際は、リチウム電池は避け、その他電池でも細心の注意を払った上での交換が望ましいです。