今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
VARTA
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

VARTAの買取

VARTA買取

新品、未使用品のみ買取可能です。中古のバッテリーは買取不可。

VARTAとは?

VARTAとは?

VARTA(バルタ)とは、1904年に設立されたドイツバッテリーブランドです。産業や自動車や消費者市場における電池を製造販売している世界的な企業としても名高く、ファルタ・マイクロバッテリーという一次電池や二次電池などを製造しています。
自動車による省エネは、年々進化しつつある傾向にあり、充電制御し、アイドリングストップかつハイブリットなバッテリーへの需要が高まりつつあります。更に、バッテリーへの多大な負担を軽減させるためのバッテリーへのニーズが高いと言えます。
欧州の車業界において、純正装着率ナンバーワンバルタは、時代のニーズに則した高性能なバッテリーをプロデュースします。バルタは、バッテリー業界においては、最新式のバッテリーを開発することにおいて、注目を浴びています。

また、完全メンテナンスフリーかつ高性能でハイブリットなバッテリーとして、信頼度の高いバッテリーメーカーです。VARTA(バルタ)のバッテリーは、アイドリングストップ車に対応したパワフルな「AGMバッテリー」が有名です。
中でも人気が高いのが、VARTA(バルタ)の輸入車バッテリーの「シルバーダイナミックAGM」です。

こちらの製品の特長は、VARTA(バルタ)シルバーダイナミックAGMが従来型のバッテリーより3倍から4倍サイクルの寿命があるとわれ、マイクロハイブリット車用のバッテリーには大きな役目を果たします。
更に、AGMという「吸収ガラスマット」による技術を活かしており、この技術が持っている幅広い温度特性や放電力の大きさ、電解液の補充が不要でかつ、丈夫で長持ちするバッテリーです。こちらは、国産車や欧州車においても対応する製品です。
VARTA(バルタ)のバッテリーの中でも唯一、充電制御システムを取り入れた製品には、国産車に対応する「シルバーダイナミック115D23L/Q-85」です。

VARTAを高価買取してもらうポイント

高く買取って貰う為には、充電制御システムを搭載したバッテリーであることが望ましいです。
また、バッテリーとしての機能を十分に発揮させてくれ、国産車欧州車にも対応出来るタイプの製品です。
そして、「製品の状態が良い」ということが重要です。
目立った汚れや傷がなく、使用感がなく、あらゆる車に対応するバッテリーが良いでしょう。査定前には、必ず、故障箇所などがないか、バッテリーとしてきちんと作動するかどうか点検することが必要です。
また、汚れや傷があれば、クロスで綺麗に磨き、取扱説明書付属品と一緒に、正しくケースに保管されていることが大切です。更に、バッテリーが全て一式揃った状態で複数で査定に出すことをおすすめします。

VARTAを買取したお客様の体験談

VARTAを買取したお客様の体験談

大切に使用していたVARTAの良さの分かるお店に売りたい!

VARTAのバッテリーが2台ありましたが、他のバッテリーに買い替えようと思い、売却することにしました。購入当初から、VARTAのバッテリーには凄く憧れを抱いてましたので、本当に大切に使用していました。
しかし、他のバッテリーに買い替えるに当たり、不要品としてこのまま倉庫にしまっておくのが勿体ない為、このバッテリーの良さを分かってくれそうな業者さんに買取を依頼出来ればと考えていました。
そしたら、製品の発送や査定、買取までの取引がとてもスムーズで、予想以上の買取価格でしたので、大変感謝しております。本当にありがとうございます。

職場の使わないVARTAのバッテリー、買取ってもらい助かりました!

ディーラーで働いています。仕事上、VARTAのバッテリーは結構使っていますので、ある程度使用したら、新しいバッテリーと交換する為、頻繁に買い替えています。
その為、まだまだ使用出来る製品も沢山ある為、バッテリーを10台くらい売却しました。
しかし、職場にバッテリーが沢山あっても、使用は殆どない為、上司からどうにか処分できないか、相談を受けていました。
使用期間がバラバラで中には「使えるのかな?」と心配になるものもあり、その旨と伝えると、快く査定を承諾して頂きましたので、こちらとしても凄く助かっています。買取ってもらい、ありがとうございました。

代表的な製品

VARTA(バルタ)とは、自動車のアイドリングストップやハイブリッド等(これらはバッテリーに大きな負荷をかけてしまう)、日々進化する省エネテクノロジーに対応しているブランドで、ヨーロッパ車の純正装着率No.1を誇るバッテリーです。
代表的なものに「SILVER DYNAMIC AGM」という型式があるのはご存知でしょうか。これはAGM(吸収ガラスマット)テクノロジーを搭載しているので、バッテリー内の電解液の補充が不要になっただけでなく、寿命も従来のものより3~4倍長持ちさせることに成功しています。
アイドリングやハイブリッド等の大きな負荷に耐えうるだけでなく、車内の照明や空調、ステレオ等への電源供給を滞りなく行うことが可能なバッテリーとして世界で注目されています。

付属品やオプション品

購入の際に1~2年の保証期間がついているものがほとんどなので、保証書は保管しておくべきです。
また、取扱い説明書も同封されていますので、ご使用の前に一読していただき、その後は外箱などに入れて一緒に保管しておいてください。

VARTAの使い方

VARTAの使い方

バッテリーのチェックを行います。バッテリーに付いたマジックアイというところを確認して下さい。透明であれば交換の時期で、緑色であれば、交換の必要はありません
バッテリーの外側にあるカバーを外してから、10mmレンチというのを使用します。バッテリーのアースをマイナス端子(-)を外し、プラスの端子(+)を外します。
そして、13mmのソケットレンチを使用し、バッテリーが固定している固定されている金具を外して下さい。

VARTAの修理方法

交換したのに、バッテリーが上手く機能しないとか、作動しない場合は初期不良である可能性がありますが、故障部分を確認しましょう。
万が一の場合は、事故防止の為販売していたお店問い合わせてから解決策を仰ぎましょう。