今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーの宅配買取の注意事項

バッテリーの配送方法には気をつけて下さい。

バッテリーの配送方法には気をつけて下さい

弊社ではバッテリーの買取も可能になっているのですが、バッテリーというのはたくさん種類が存在しています。中には液体の入っている種類もあります。バッテリーに使用されている液体というのは希硫酸という危険物なので、業者によっては配送を受け付けてもらえない場合があるのです。同じ業者であっても、担当者によって配送してもらえるケースと不可能なケースがあるので、普通に配送する場合には原則NGだと思ってよいでしょう。

しかし、業者によってはバッテリーであっても配送可能になることもあるので、このような点については、まず弊社まで問い合わせをいただき、どのような種類のバッテリーを買取してほしいのか、現在どのような状態になっているのかを詳しく知らせてもらいたいと思います。中古バッテリーに関しては、弊社では買取不可能になってしまうケースもあるので、配送してから買取できないと、また返送するようになってしまいます。このような手間を省くためにも、できるだけ詳しい情報が必要になるのです。

種類によっても買取できないケースがあるので、どのような物に使用するバッテリーなのかという点は必ず知らせてもらいたいと思います。配送時の注意点も弊社では説明していますし、バッテリーの配送が断られないような方法も問い合わせをいただければ説明するので、まずは気軽に問い合わせをしてほしいと思います。ただし、液体を使用している種類のバッテリーで、液漏れの心配があるような状態では、買取できないと思ってよいでしょう。また、梱包をするときや、箱に入れるときには、バッテリーの向きには十分注意してほしいと思います。

箱に多少の汚れやシールのはがした跡があっても買取可能! 

箱に多少の汚れやシールのはがした跡があっても買取可能!

弊社で買取を行っているバッテリーは、あくまで本体がきれいな状態であるのか、普通に使用できる状態であるのかが重要になります。そのため、バッテリーが入っている箱の状態はあまりよくなくても買取は可能です。ただし、買取価格は落ちてしまうので注意しましょう。特に多くなっているのが、バッテリーに使用されている箱の汚れやシールのはがした後などがある場合です。もちろん汚れやシールのはがした後がない方がより高額買取できる可能性は高くなるでしょう。

しかし、このような理由で買取が不可能になるケースは滅多にありません。逆に本体に異常がある場合には、買取不可能になるケースがあるので、本体の状態だけは必ず配送前にチェックをしておきましょう。弊社では買取希望のバッテリーがどのような状態になっているのかを必ず問い合わせや依頼時に確認しています。そうしないと送られてきて買取ができないとなった場合、二度手間になってしまうからです。箱の状態で買取不可能になるケースは少ないのですが、本体の場合には買取不可能になるケースもあります。

ただ箱の状態があまりにも酷い場合には、箱なしという扱いでの買取になる場合もあります。例えば破けている箇所が多い場合や、全体的に汚れている上に歪んだ状態になっている場合などです。このような場合には、買取金額が下がるのではなく、箱がない状態としての買取価格になるので、当然箱がある場合に比べて買取価格は下がりますが、本体が正常であれば買取できることが多いと言えるでしょう。重要なことは、箱もきちんときれいな状態で保管しておくということです。

外箱に直接伝票を貼ると、査定金額が落ちる可能性があります。

外箱に直接伝票を貼ると、査定金額が落ちる可能性があります

弊社ではバッテリーの買取をするときには、基本的に配送をしてもらうことになります。配送するときには、必ず伝票を貼る必要が出てくることは知っているでしょう。重要なのは伝票を貼る位置です。通常バッテリーは箱に入って売られているので、箱に入れて買取依頼をするために配送するのですが、バッテリーが入っている外箱に直接伝票を貼るのは止めましょう。なぜなら買取価格が落ちてしまうからです。弊社がバッテリーの買取を行っているのは、また中古品として新たに販売するからなのです。

もし配送時の伝票がそのまま張られている状態で、店頭に並んでいたらどう思うでしょうか。明らかに伝票をはがした箱に入れられていたらどう思うでしょうか。当然外箱が汚くなってしまった分の値段を下げないと売れなくなってしまうのです。そうなってしまうと、買取価格もそれなりに低下してしまうので、配送時にはバッテリーが入っている外箱ダンボール箱などに入れダンボール箱に伝票を貼るようにしないといけません。人によってはオンラインショップを利用したことがあると思いますが、当然運送屋が配送を行います。

このときに、商品が入っている外箱に伝票が張られているケースはまずないはずです。なぜなら苦情になってしまうからです。よって外箱以外にさらにダンボール箱を利用するのが基本となります。弊社のホームページには、梱包方法も記載されているのですが、バッテリーだけではなく、他の商品でも売りたい物の外箱に直接伝票を貼るように記載していることはありません。どうしてもダンボール箱が用意できない場合には、プチプチなどでくるんでその上から伝票を貼るようにしないと、買取価格が下がると思ってよいでしょう。