今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
検品について

バッテリーの検品について

検品について

バッテリーなどの器具を買い取る場合、一定の基準に従って査定・検品を行っています。その基準は、さまざまな商品に共通する点が多いので、理解しておくと、高額での買い取りを実現することが可能になります。

検品 バッテリー

まずは、バッテリー本体の状態をチェックすることから始めています。ぱっと見た状態で、汚れや傷が目立っているバッテリーというのは、買い取りの検品で大きく評価を下げます。汚れについては、拭き取ることが可能な場合が多いので、持ち込む前に清掃しておくことが大切です。スイッチなどの破損があるバッテリーは、基本的に買い取りをすることができません。破損が無いか、事前に確認しておくべきです。

本体の状態が良好であれば、次に正常に作動するかどうかをチェックします。作動している最中に、異様な音が発生しないか、などといった点を確認するのです。動作状態に問題が無ければ、買い取りの手続きを進めていくことになります。

検品 バッテリー 問題がないか

また、バッテリーに付属している品がある場合は、本体と一緒に買い取ることができます。基本的には、本体と付属品を一緒に買い取ることになっていますが、本体のみでも問題ありません。付属品には、取扱説明書、保証書といった重要書類も含まれています。とりわけ取扱説明書の有無を重視する人が多いため、買い取り査定・検品を行う際も、取扱説明書を重視しています。付属品が揃っている場合、バッテリーの本体だけという場合よりも高額での買い取りが可能です。

検品 バッテリー 付属品も一緒に

バッテリー 検品