今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
お客様がバッテリーを売るメリット

型番違いで返品が出来なかったので買取に救われた

型番違いで返品が出来なかったので買取に救われた

バッテリーにはいろいろな種類がありますが、注文した商品が間違っている場合や、不良品を購入した場合などは、クーリングオフと言って返品が可能になっています。
しかし、不良品でない場合や、確かに注文通りに配送されているなどの場合には、型番が違っていたとしても返品が不可能になるケースがあるのです。

このような場合には、処分してしまうか、そのまま放置するようになるのですが、もう1つ方法が存在しているのです。
それが買取という方法なのですが、買取業者の多くはバッテリーを取り扱っていないのです。
しかし、弊社であればバッテリーの買取も可能になっているので、型番違いなどで返品できなかった場合には、弊社まで買取すれば、多少なりとも料金が戻ってきます。

廃品業者だとキロいくらなので、買取専門店に高くで売れて良かった

バッテリーは一般的なゴミと違って、自由に出すことができません
通常は廃品業者などに回収をしてもらうようになるのです。
しかし、廃品業者は料金を取るので、いらない物を処分するのにもお金をかけなければいけません。
しかも廃品業者というのは、回収する品物の数や大きさ、重さ以外にも、距離によって料金を取ることもあるのです。

これでは大損してしまうでしょうが、買取業者を利用すれば送料を取られることもありませんし、逆にお金を得ることができるのです。
弊社であればバッテリーの買取も行っているので、実際に買取ができてよかったという声もあります。
まだ使用できるバッテリーであれば、気軽に買取依頼をしてもらいたいと思います。

ガレージがスッキリした。

ガレージがスッキリした。

いらなくなったバッテリーをそのまま家に保管しているという人も多いでしょう。
マンションや団地などの集合住宅では、玄関に置いたままになっていることもあるでしょうし、一軒家であればガレージのあるところもあるでしょう。
ガレージは車を止めるところなので、バッテリー置き場ではありません

そんなガレージをスッキリさせるためにも、まだ使用できる状態なのであれば、バッテリーを買取してみてはいかがでしょうか。
通常数多くの不用品を買取している業者でも、バッテリーは取り扱っていないことが多いのですが、弊社であればバッテリーの買取も可能なので、業者が見つからない場合や、査定額に納得がいかない場合には、弊社まで依頼してください。

バッテリーを売って自動車税を払えた。

車を持っていると、悩まされる問題の一つに税金の事があります。
ただ所有しているだけでも、自動車税の請求は毎年やってくるからです。

事情があってお金がないときでも、自動車税を支払わないと、差し押さえられてしまう事もあるようですよ。

今、車をつかわなくても、差し押さえられると困るという方には、掟破りの裏技が……。
それはバッテリーを売却してしまう事。バッテリーが無ければ車は動きませんが、差し押さえは免れます

あとは、車を動かしたいときに、中古などの値ごなれしたバッテリーを購入すればよいのです。

もちろん、車の部品にうるさい方にはお勧めできませんが、とりあえず動けばよいという方には、一考の余地があるのではないでしょうか。

小売業の資金繰りに困っていたがFBAの倉庫から売れて助かった。

FBAとは簡単に言うと、インターネット通販でおなじみのアマゾンが、代理で倉庫保管してくれるサービスを指します。

アマゾンは強力な広告効果を誇りますから、普通なら販売が難しいものでも、あっさり売れてしまう事もあるのです。

バッテリーなどもその傾向があります。

一般的にバッテリーは車関連の用品店と思いがちですが、FBAで在庫一掃できたという話は珍しくないのです。

また、通常の販売では、仕入れから出品までの間に、管理・梱包・発送が付いて回ります。そのような手間が省け、資金回収も確実ですから、小売業の資金繰り対策にもなるでしょう。

近年ではFBAの成功によって、運転資金を圧縮できた業者も増えているようです。

高品質なバッテリーに買い換えることが出来た。

一つひとつの品物のレベルが低いとしても、すべて売却できれば高品質のバッテリーに買い替える事が可能になります。

そんなことはありえない! と考えるかもしれませんが、当店ではバッテリーを買い取っていますので、実現可能なのですよ。

もちろん、商品価値のあるものに限りますが、どのようなタイプのバッテリーでも査定させていただいております。

車だけでなく、さまざまな用途のもので、不要のものがございましたら、いつでもご相談くださいませ

近年では、パソコンやタブレット用の外付けバッテリーなどの査定もさせていただいております。

また、災害対策のために、さらに高品質な商品にお買い換えのお客様が増えています。

余剰在庫のバッテリーが現金化出来て助かった

余剰在庫のバッテリーが現金化出来て助かった

電力が必需品の現代において、蓄電できるバッテリーの在庫は、社会的に重要なインフラと言えるでしょう。

いずれは消費される商品ですから、在庫を資産として考えても問題はありません。

しかしながら、すぐさま需要があるものとは言えない商品なのも確かな事です。

実際に、震災や災害直後のバッテリーの需要はとても大きいのですが、平静時になったとたん在庫は持て余してしまいます。

不謹慎ながら、次にいつ災害があるかを予測するのも不可能でしょう。

そのようなときには、余剰在庫と思われるバッテリーは売却すればよいのです。

得られた資金は会社営業の資金繰りとして、また、緊急時などには最後の手段としても使えます。