今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーについて詳しく

バッテリーの健康状態のチェック方法

バッテリーの健康状態のチェック方法

バッテリーの弱り具合をバッテリーの健康状態といいます。健康状態がいい場合には問題なく使用が出来ますが、健康状態が良くない場合には電力を貯める量が減ってしまっている状態です。

例えば車のバッテリーの健康状態が良くない状態は、エンジンが掛かりにくいや、ライトがいつもよりくらいや、ブレーキを踏むなどの電力を使うタイミングで、ライトが暗くなる等が、健康状態が良くない状態です。

この様な状態を知る為にはバッテリーテスター等で知る事が可能です。

家庭向け電化製品の中にあるバッテリーとは。

家庭向けの電化製品は一般的にコンセントから電源をとりますが必要な電圧は交流で100Vと言われています。車のバッテリー等は直流の12Vとなり変わってきます。

車のバッテリーで、家庭用の電源を確保する為には直流12vを家庭用で使える交流100Vに変換する必要ながあるので、一般的にはインバーターと言うものを使用して、家庭用の電源確保する事が可能です。

業務向け設備や機器にあるバッテリーとは。

業務向け設備や機器にあるバッテリーと家庭用のバッテリーとの違いは、蓄電容量が顕著です。出力や詳細の機能等も変化がありますが、大きく違う所は蓄電容量です。

その為に業務用の方が蓄電容量も大きくなり値段も高価になります。

またバッテリーそのものの大きさも業務向け設備や機器にあるバッテリーの方が大きくなります。

リチウムイオン二次電池について

リチウムイオン二次電池について

リチウムイオン二次電池とは、正極と負極の間をリチウムイオンが移動すると充電、放電をする二次電池です。

一般的な物は正極にリチウム遷移金属複合酸化物で負極に炭素材料に電解質に有機溶媒等の非水電解質を使うもので、リチウムイオン電池リチウムイオンバッテリー等がリチウムイオンイオン二次電池と言われる物です。

似た名前のもので違いがある物に、リチウム電池があり、負極に金属リチウムを使う物です。

電解液、電極について

電解液とは、水などの極性溶媒にイオン性物質などを融解させて作った電気伝導性が有る溶液の事をいいます。

イオン溶液や電解質溶液と言うこともあります。

電極とは電気分解の装置や電池等の対象物を動かす事の出来る物や電気信号を測定する等で電気的に接続するパーツです。

また外部回路から電流を流しいれる電極をアノードと呼び、外部回路に電流を流し出す電極をカソードと呼びます。

リチウムイオン電池の充電方法

リチウムイオン電池は電極自体が劣化する時や、バッテリーパックに内蔵された調整用のコンピューターが正確に機能しない時やバッテリーパックの中のセルバランスが変化してしまう場合に劣化してしまう為、バッテリー高所に置いてしまうと電極自体が劣化してしまい劣化が進んでしまいます。

充電する場合にはこの様な事に気をつけて充電する事が必要です。

まだ使えるかも。カーバッテリーが使用可能か調べる方法

カーバッテリーもまだまだ使用できるかもしれないのでチェックしましょう。

まず目視によりバッテリーの表面に湿気があるか確認し、もし湿気があればそろそろ使用ができなくなってくる頃になります。

ただ自己判断になってしまうので、できればガソリンスタンドや整備工場などで測定してもらうのが一番良いでしょう。

専用テスターなどもあるので、目視と合わせてしっかり計測チェックしてみましょう。

バッテリーを長持ちさせるバッテリー液の正しい補充方法

バッテリーの寿命も車の使用状況によって変わってきますが、バッテリー液の補充方法によっても長持ちさせることができる場合もあるのです。

補充方法といってもいたって簡単、こまめに液を補充するだけで良いのです。

車の点検の時にバッテリー液をチェックして補充するのは当たり前ですが、この補充が大切なのです。

まだ大丈夫ではなく常にメモリの上まで補充するようにしておきましょう。

バッテリーリフレッシュについて

バッテリーリフレッシュについて

リフレッシュ充電は普通の充電とは違い、バッテリー内で負極に硫酸鉛の結晶が付着するサルフェーション状態にあるバッテリーに対し行う充電です。

専用のバッテリー充電器で行う充電で、通常の充電を行なっても翌日には充電量が半分になってしまった時などに使用すると良いでしょう。

またリフレッシュ充電はバッテリーも長持ちさせることができるので、バッテリーを定期的にチェックして行うと良いでしょう。

バッテリーリフレッシュ方法について

バッテリーのリフレッシュ充電は専用のリフレッシュ充電器を使用すると良いでしょう。

通常のバッテリー充電器ではリフレッシュ充電ができないので注意が必要です。

方法は通常の充電器と扱いは一緒なので特に難しいということはないでしょう。

ただ整備工場の方が使用するような充電器の場合では操作方法など難しい場合もあるので、カー用品売り場で購入できるような充電器を選びましょう。

バッテリーリフレッシュ診断ツールについて

最近ではカーナビなどにバッテリー電力の表示が出るタイプもあり、簡単にバッテリーリフレッシュ診断ができるようにもなっているそうです。

他にも診断用のテスターもあるため、診断ツールとして用意しておくと便利でしょう。

ただ素人ではどうにも判断できない場合があるので、どうしてもおかしいと感じることがあったり、充電がうまくできない時には整備工場などでチェックしてもらうようにしましょう。

バッテリーリフレッシュができない事例について

バッテリーのリフレッシュ充電もバッテリーにも寿命があるためリフレッシュできないこともあります。

バッテリーを使用すると硫酸鉛が負極にこびりつくサルフェーションと呼ばれる現象が起きます。

リフレッシュをすることで分解されますが、全て分解されるわけではなく残るものもあり積み重なって最終的に電気が通らなくなってしまいます。

このような状態になるとリフレッシュ充電はできないので、買替えを検討しましょう。