今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
バッテリーの使い方

2018年12月25日

バッテリー買取ドットコムでは、カメラ用バッテリー、カーバッテリー、UPS用バッテリー、ポータブル電源、トータルステーション用バッテリー、電動自転車用バッテリーなど、業務用から家庭用まで、様々な種類のバッテリーの買取りを行っています。

バッテリーにはたくさんの種類があり、それぞれ使い方は異なりますが、基本的には機械本体のバッテリーを入れる、もしく差し込む場所に正しく取り付ければいいだけです。

もちろんバッテリーに衝撃や熱などを与えると破損して使えなくこともあるので、本体に取り付ける前には持ち運びや保管の仕方には十分に注意して下さい。

バッテリーは携帯電話やパソコンにも利用されているため、ほとんど人は直接目に触れることは少ないとしても、普段からバッテリーを使用しています。

スマホやパソコンに限らず、家電や美容機器や電動工具など、コードレスで持ち運びできる電気製品の多くにバッテリーが使用されていて、多くの人は最初は長持ちしていたバッテリーでも、繰り返し充電しているうちに長持ちしなくなったと感じていることでしょう。

全てのバッテリーには寿命がありますが、使い方次第では寿命を大きく延ばすことも可能です。

バッテリーの種類にもよりますが、一般的に充電するほど消耗し、劣化していきます。

またバッテリーは使用していなくても自然に放電して劣化していきます。

バッテリーを使わないで劣化することを保存劣化と呼びますが、この場合温度の高い状態で保存していると劣化が進みやすいので、それを避けることで劣化スピードを防ぐことができます。

最近ではノートパソコンを仕事でもプライベートでも持ち運ぶ人も増えていますが、気温が高い時に車の中に放置したり、パソコンの電源を入れたままでバックの中に入れておくと劣化は進んでいまいます。

また充電を満タンにしないことでもバッテリーの寿命は延びるとされていて、一般的に80%充電でバッテリーの寿命は1.5倍に延びると言われています。

普段からノートパソコンをコードにつないで使用している場合は、日頃からフル十分を避けることでバッテリーの寿命を確実に延ばすことができます。

バッテリーの使い方