今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
太陽電池 買取

2018年7月28日

太陽光を電気エネルギーに変換するという研究は、産業革命の少し後の時代には既に開始されており、19世紀後半にはすでに実用化の成功にまで漕ぎつけられていました。しかし当時の技術では変換効率はまだまだ低く、さらに石油が大量に生産され市場にてシェアを拡大していったことにより、その技術の改良にもなかなか手がつけられないという状態が比較的長く続きました。そのような流れの中で再び太陽電池に注目が集まるようになったのは石油による環境破壊や資源の枯渇などが意識されるようになった20世紀の半ば以降のこととなります。1950年代の半ばには再び実用化が開始され、当初は宇宙開発や熱帯地域などでの通信用として用いられ、その後さまざまな用途にも応用がなされるようになりました。日本において普及をするようになったのは1970年代のオイルショック以降のことであるとされています。

さて、この太陽電池はそのサイズにより、最小のセルと呼ばれるものと、そのセルを繋ぎ合わせたモジュール、そしてそのモジュールを並べたアレイの3つのものに大別されます。セルは理科教育の教材として、モジュールは建物の屋根などに取り付ける形にて、モジュールは比較的大規模な発電設備などにて見かけることが多くなっております。

現在当社では、これら太陽電池に関し、その買取の方を強化させていただいております。太陽電池と申しますと、少し前まではモジュールタイプが最も一般的でありましたが、固定価格買取制度の実施や東日本大震災後の代替エネルギーへの注目などにより、最近ではアレイタイプに関しましてもお取り扱いをさせていただくことが多くなってまいりました。現在では一時期と比較するとやや落ち着きを見せて来たものの、それでも需要供給ともに非常に増加傾向にあり、まだまだたくさんのお品物を買取りさせていただきたいと考えております。もし現在ご不要になられたお品物がございます場合には、ぜひ当社までご連絡ください。

太陽電池